手編み(棒針)の制作メモ。
IMG_0135
※写真は毛糸とはまったく関係の無い、我が家の毛玉。

毛糸の太さの表示でよく見かける「合細」「中細」「合太」などの表記。これは糸の太さをイメージしやすいように使われている通称ということだけれど、私には「合細」と「中細」の違いがイメージ出来ない!
ネットで探してみると、だいたい下表のような感じらしいが・・・・。

太さ表記推奨棒針推奨かぎ針1kgのときのm数
極細0~2号2/0号9000m~13000m
合細1~3号2/0~3/0号5000m~7000m
中細2~3号2/0~4/0号4000m~5000m
合太4~5号3/0~5/0号2500m~4000m
並太5~8号3/0~6/0号1500m~2500m
極太9~14号5/0~10/0号1000m~1500m
超極太15号~ジャンボ20mm8/0~10/0号400m~1000m

「合細」よりも「中細」のほうが太いのだろう、ということは伝わるけれど太さをイメージ出来るかって言うと私には難しい。

きちんと糸の太さを表すには、「番手」という単位があるが、毛番手(1000gあたりの長さが1000m)・綿番手(1ポンド[453.6g]あたりの長さが840ヤード[768m])など、糸の種類によって基本値が変わり、より高度で専門的。毛糸での編み物なら毛番手で良いのだけれど、それでも以下の引用のようになってしまうとお手上げ。

「番手」とは「糸の太さや長さ」を表す単位です。 基本的に「g/mm」の単位で表され、糸量1kgに対して何mあるかを意味しています。
例) 1/2 ⇒ 1g/2mm ⇒ 1kg/2000m 1kgあたり約2000mの糸
4/16 ⇒ 1/4 ⇒ 1g/4mm ⇒ 1kg/4000m 1kgあたり約4000mの糸を4本撚った糸
引用元「あみもねっと


なので、私は10gあたりの長さを基準にしています。ただ10g単位にしただけのように思うかもしれませんが、実際に糸を購入する際には計算が楽で便利! 1玉40gや30gのものがあったりするしね。
そして自分が購入済の糸と比べてイメージしています。

毛糸1玉量10gあたり
の長さ
自分が実際に
使った針
Opal 4本撚り100g / 約425m42.5m0~1号
あみもねっとコットンファイン25g / 80m32m4号
ベルクリヤーン コットンフィールド30g / 90m30m3号
merino 150 RAINBOW30g / 66m22m6~7号
リッチモア スターメ50g / 約100m20m7号
DARUMA ウールロービング50g / 約75m15m12号

こうやって表にしてみると、コットンを編むときは細めの針なんだなぁ、とか新たな発見がいろいろと見えてくる。数値はあくまでも参考値で、針の選び方などは編むものによって変えるのが大事だってことも。

参考までに、上記表を元に太さ表記にを出した場合、Opalが中細・コットン系の2種類が合太・merinoとリッチモアが並太・ウールロービングが極太といったところ。そしてこの太さ表記を基準にするとOpalの推奨針は2~3号になるので、自分で考えて「どんな風に仕上げたいのか」というイメージをしっかりと持つことが大事だというのがよくわかった。奥が深い!




 

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
山本ばにら

vanillla_cream

棒針編み4年生。編み物関連の気になったこと・制作メモをブログにまとめています。

インスタグラムでは、2匹のノルウェージャンフォレストキャット、ヴィトとガルの成長記録を写真と動画で残しています。
Instagram