手編み(棒針)の制作メモ。
IMG_0681


種類

ショール

あみもねっとコットンファイン(オーガニックコットン100%)中細、25g 80m/1玉

・ライトベージュ(2番)2.5玉

・ブルーグリーン (33番)2.5玉

・ソフトグリーン(26番)1.5玉

・グレーパープル(23番)1.5玉

4号(3.3mm)、棒針(25cm)

ゲージ

24目 / 55段 (ガーター編み)



3色の編み図に、1色足して4色で制作。IMG_0682


製作前にゲージを作ることはしていないが、念の為完成品からゲージを記録。
IMG_0680



【編み方】
指でかける作り目で3目、ブルーグリーンの糸で開始。
I-cordで3段編む。

表編みが終わった後、裏に返さず編み終わった目を全て針の右端にスライド。針を左手に持ち替えてまた表編みをする(その際糸は裏側から回す)。
※表側から見た時に、右端は常にI-cordで編むことによって、端が美しい仕上がりになる。

3段編み終わったら、裏に返す。
【裏側】増し目(kfb=knit into front and back)をしてから、残り3目になるまで表編み。残りの3目は糸を手前にして滑り目。(ただし、I-cordが終わった直後のこの段だと3目しかないので、増し目してすぐに滑り目)


【表側】表編みを3目(裏側で最後に滑り目したI-cordになる箇所、表目右上2目一度(ssk=slip, slip, knit slipped stitches tog)、その後表目を編み、最後の1目で増し目(kfb=knit into front and back)。


この【表側】【裏側】がワンセット。編み方は最後まで変わらず、【表側】で増減無し・【裏側】で1目増し目することで2段で1目増えていく。

ボーダーは糸を替えて適宜好みで行う。ただし、糸替えは必ずI-cord側で行い、 切り替えた箇所をI-cordで隠す。

【編み終わり】表側で伏せ止めをする。表目を2目、その次の目を表目右上2目一度(K2tog tbl= knit 2 stitches together, through the back loops)。編み終わった3目を左の針に戻し、同じことを繰り返す。残り3目になったら、表目の伏せ止めで最後まで編む。
※【表側】で編んだ表目右上2目一度(ssk)と表目右上2目一度(K2tog tbl)は編み方が少し違うので注意。


 

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
山本ばにら

vanillla_cream

棒針編み4年生。編み物関連の気になったこと・制作メモをブログにまとめています。

インスタグラムでは、2匹のノルウェージャンフォレストキャット、ヴィトとガルの成長記録を写真と動画で残しています。
Instagram